MONOZUKI’s blog

STAP細胞にかかわる特許請求の範囲を読む

【請求項10】

幹細胞マーカーが以下からなる群より選択される、請求項9記載の方法: Oct4;Nanog;E-カドヘリン、およびSSEA4。

The method of any of claim 9, wherein the stem cell marker is selected from the group consisting of :Oct4; Nanog; E-cadherin, and SSEA4.


>>平成28422(2016.4.22)付手続補正書により、以下の補正が行われている。

【請求項10】  幹細胞マーカーが以下からなる群より選択される、請求項9記載の方法: Oct4;Nanog;E-カドヘリン、およびSSE

【請求項9】

多能性を示す細胞を選択する工程が、幹細胞マーカーを発現する細胞を選択することを 含む、請求項1~8のいずれか1項記載の方法。

The method of any of claims 1-8, wherein selecting the cell exhibiting pluripotency comprises selecting a cell expressing a stem cell marker.

>>細胞の選択工程の記載は請求項3にあり、そのひとつが幹細胞マーカーによる方法である。

 

明細書段落【0141】  いくつかの実施態様において、培養工程の後に、細胞は検出可能なそして/または増加 したレベルの幹細胞マーカーを発現し得る。幹細胞マーカーおよびそれを検出する方法は 本明細書において他所に記載されている。いくつかの実施態様において、幹細胞マーカー は、以下からなる群より選択され得る:Oct3/4;Nanog;Rex1;Klf4 ;Sox2;Klf2;Esrr-β;Tbx3;およびKlf5。

[00165] In some embodiments, after the culturing step, the cell can express a detectable and/or increased level of a stem cell marker. Stem cell markers and methods of detecting them are described elsewhere herein. In some embodiments, the stem cell marker can be selected from the group consisting of Oct3/4; Nanog; Rex1; Klf4; Sox2; Klf2; Esrr-beta; Tbx3; and Klf5.

 

【請求項8】

 細胞が細胞の均一な集団中に存在する、請求項1~7のいずれか1項記載の方法。

The method of any of claims 1-7, wherein the cell is present in a homogenous population of cells.

 

>>請求項7の引用は矛盾である(請求項6の誤記と思われる)。

【請求項7】

細胞が細胞の不均一な集団中に存在する、請求項1~6のいずれか1項記載の方法。

The method of any of claims 1-6, wherein the cell is present in a heterogeneous population of cells.

 

>> たった2個の細胞でも「細胞の集団」なのか??

   多くの細胞の群から多能性細胞を見つけ出すのは至難の業である。

 

7a) 明細書段落 【0057】

 いくつかの実施態様において、細胞は、組織中には存在しないが、細胞の集団中に存在 する。いくつかの実施態様において、細胞の集団は細胞の集団である。本明細書において 使用する「細胞の集団」は、少なくとも2個の細胞、例えば、2個の細胞、3個の細胞、 4個の細胞、10個の細胞、100個の細胞、1000個の細胞、10,000個の細胞 、100,000細胞、または任意の間の数、またはより多くの細胞の群を指す。任意に 、細胞の集団は、共通の起源を有する細胞であり得、例えば、それは同じ親細胞の子孫で あり得るか、それはクローン性であり得るか、それは同じ組織から単離された細胞から単 離されたかもしくはその子孫であり得るか、またはそれは同じ組織サンプルから単離され た細胞から単離されたかもしくはその子孫であり得る。細胞の集団は、1つ以上の細胞型 、例えば、1つの細胞型、2つの細胞型、3つの細胞型、4つの細胞型、またはより多く の細胞型を含み得る。細胞の集団は、不均一または均一であり得る。細胞の集団は、それ が少なくとも90%の同じ細胞型を含む(例えば、集団中の細胞の90%、92%、95%、98%、99%、またはより多くが同じ細胞型のものである)場合、実質的に均一で あり得る。細胞の集団は、集団中に存在する細胞の90%未満が同じ細胞型のものである 場合、不均一であり得る。

[0081] In some embodiments, a cell, while not present in a tissue, is present in a population of cells. In some embodiments, the population of cells is a population of cells. As used herein, a "population of cells" refers to a group of at least 2 cells, e.g. 2 cells, 3 cells, 4 cells, 10 cells, 100 cells, 1000 cells, 10,000 cells, 100,000 cells or any value in between, or more cells. Optionally, a population of cells can be cells which have a common origin, e.g. they can be descended from the same parental cell, they can be clonal, they can be isolated from or descended from cells isolated from the same tissue, or they can be isolated from or descended from cells isolated from the same tissue sample. A population of cells can comprise 1 or more cell types, e.g. 1 cell type, 2 cell types, 3 cell types, 4 cell types or more cell types. A population of cells can be heterogeneous or homogeneous. A population of cells can be substantially homogeneous if it comprises at least 90% of the same cell type, e.g. 90%, 92%, 95% , 98% , 99%o, or more of the cells in the population are of the same cell type. A population of cells can be heterogeneous if less than 90% of the cells present in the population are of the same cell type.

 

【請求項6】  

 細胞が単離された細胞である、請求項1~5のいずれか1項記載の方法。

 The method of any of claims 1-5, wherein the cell is an isolated cell.

 

>>細胞を単離するための方法が周知であるとの記載がある。

 

6a) 明細書段落【0056】

 本明細書に記載の方法において使用する細胞は、組織中に存在しない細胞であり得る。 本明細書において使用する「組織」は、少なくとも1つの特定の機能の実行において結び 付けられた、同様に専門化された細胞の組織化された生物材料(例えば、群、層、または 凝集体)を指す。細胞が組織化された超構造から取り出されるか、またはそうでなければ インビボで存在する組織化された超構造から分離されると、それはもはや組織中に存在し ない。例えば、血液サンプルが2つ以上の非同一画分に分離されるか、または脾臓が刻ま れそしてパスツールピペットを用いて機械的に解離されると、細胞はもはや組織中に存在 しない。いくつかの実施態様において、組織中に存在しない細胞は、単離された細胞であ る。細胞に関して本明細書において使用する用語「単離」は、インビボでそれが通常結合 している別の細胞群から機械的または物理的に分離されている細胞を指す。別の細胞群か ら1つ以上の細胞を単離するための方法は当該分野において周知である。例えば、Cultur e of Animal Cells: a manual of basic techniques (3rd edition), 1994, R. I. Freshney (ed.), Wiley-Liss, Inc.Cells: a laboratory manual (vol. 1), 1998, D. L. Sp ector, R. D. Goldman, L. A. Leinwand (eds.), Cold Spring Harbor Laboratory Press Animal Cells: culture and media, 1994, D. C. Darling, S. J. Morgan, John Wiley and Sons, Ltd.を参照のこと。任意に、単離された細胞は、例えば他の細胞の存在下で 、インビトロで培養されている。

[0080] The cell used in the methods described herein can be a cell which is not present in a tissue. As used herein, a "tissue" refers to an organized biomaterial (e.g. a group, layer, or aggregation) of similarly specialized cells united in the performance of at least one particular function. When cells are removed from an organized superstructure, or otherwise separated from an organized superstructure which exists in vivo, they are no longer present in a tissue. For example, when a blood sample is separated into two or more non-identical fractions, or a spleen is minced and mechanically-dissociated with Pasteur pipettes, the cells are no longer present in a tissue. In some embodiments, cells which are not present in a tissue are isolated cells. The term "isolated" as used herein in reference to cells refers to a cell that is mechanically or physically separated from another group of cells with which they are normally associated in vivo. Methods for isolating one or more cells from another group of cells are well known in the art. See, e.g., Culture of Animal Cells: a manual of basic techniques (3rd edition), 1994, R. I. Freshney (ed.), Wiley-Liss, Inc.; Cells: a laboratory manual (vol. 1), 1998, D. L. Spector, R. D. Goldman, L. A. Leinwand (eds.), Cold Spring Harbor Laboratory Press; Animal Cells: culture and media, 1994, D. C. Darling, S. J. Morgan, John Wiley and Sons, Ltd. Optionally the isolated cell has been cultured in vitro, e.g., in the presence of other cells.

【請求項5】

 細胞が体細胞、幹細胞、前駆細胞または胚細胞である、請求項1~4のいずれか1項記 載の方法。

    The method of any of claims 1-4, wherein the cell is a somatic cell, a stem cell, a progenitor cell or an embryonic cell.

 

>>ここで細胞の種類が限定される。

5a) 明細書段落【0045

 

 本明細書において使用する用語「体細胞」は、生殖細胞、着床前胚中に存在するかもし くはそれから得られる細胞、またはそのような細胞のインビトロでの増殖から生じる細胞 以外の任意の細胞を指す。言い換えれば、体細胞は、生殖系列細胞とは異なり、生物の身体を形成する任意の細胞を指す。哺乳動物において、生殖系列細胞(「配偶子」としても 知られる)は、精子および卵子であり、これらは受精の間に融合して、そこから哺乳動物 胚全体が発生する接合子と称する細胞を産生する。哺乳動物体中の全ての他の細胞型(精 子および卵子、それからそれらが作られる細胞(配偶子母細胞)ならびに未分化幹細胞は 別として)は、体細胞である:内臓、皮膚、骨、血液および結合組織は全て体細胞から構 成されている。いくつかの実施態様において、体細胞は「非胚性体細胞」であり、これに よって、胚中に存在しないかまたはそれから得られず、そしてそのような細胞のインビト ロでの増殖から生じない体細胞が意味される。いくつかの実施態様において、体細胞は「 成体体細胞」であり、これによって、胚または胎児以外の生物中に存在するかまたはそれ から得られ、あるいはそのような細胞のインビトロでの増殖から生じる細胞が意味される 。成体および新生児または胚細胞は構造的差異(例えば、メチル化パターンのようなエピジェネティック構成によって区別され得ることに留意される。いくつかの実施態様において、体細胞は哺乳動物体細胞である。いくつかの実施態様において、体細胞はヒト体細胞である。いくつかの実施態様において、体細胞は成体体細胞である。いくつかの実施態様 において、体細胞は新生児体細胞である。

 

[0069] As used herein, the term "somatic cell" refers to any cell other than a germ cell, a cell present in or obtained from a pre-implantation embryo, or a cell resulting from proliferation of such a cell in vitro. Stated another way, a somatic cell refers to any cells forming the body of an organism, as opposed to germline cells. In mammals, germline cells (also known as "gametes") are the spermatozoa and ova which fuse during fertilization to produce a cell called a zygote, from which the entire mammalian embryo develops. Every other cell type in the mammalian body— apart from the sperm and ova, the cells from which they are made (gametocytes) and undifferentiated stem cells— is a somatic cell: internal organs, skin, bones, blood, and connective tissue are all made up of somatic cells. In some embodiments the somatic cell is a "non-embryonic somatic cell," by which is meant a somatic cell that is not present in or obtained from an embryo and does not result from proliferation of such a cell in vitro. In some embodiments the somatic cell is an "adult somatic cell," by which is meant a cell that is present in or obtained from an organism other than an embryo or a fetus or results from proliferation of such a cell in vitro. It is noted that adult and neonatal or embryonic cells can be distinguished by structural differences, e.g. epigenetic organization such as methylation patterns. In some embodiments, the somatic cell is a mammalian somatic cell. In some embodiments, the somatic cell is a human somatic cell. In some embodiments, the somatic cell is an adult somatic cell. In some embodiments, the somatic cell is a neonatal somatic cell.

 

5b) 明細書段落【0047

 本明細書において使用する用語「幹細胞」は、発生能力に関する特定の暗示される意味 (すなわち、全能性、多能性、複能性など)なしに、自己再生の性質を有し、そしてより 分化した細胞型に自然に分化する発生能力を有する、未分化のまたは部分的に分化した状 態にある細胞を指す。自己再生によって、幹細胞が、その発生能力を維持しながら、増殖 しそしてより多くのそのような幹細胞を生じる能力を有することが意味される。従って、 用語「幹細胞」は、特定の状況下で、より専門化したまたは分化した表現型に分化する発 生能力を有し、そして特定の状況下で、実質的に分化することなしに増殖する能力を保持 する、細胞の任意のサブセットを指す。用語「体性幹細胞」は、胎児、幼若および成体組 織を含む、非胚性組織由来の任意の幹細胞を指すために本明細書において使用される。天然の体性幹細胞が、血液、骨髄、脳、嗅上皮、皮膚、膵臓、骨格筋および心筋を含む多種 の成体組織から単離されている。例示的な天然の体性幹細胞は、限定するものではないが 、間葉幹細胞および造血幹細胞を含む。いくつかの実施態様において、幹または前駆細胞 は胚性幹細胞であり得る。本明細書において使用する「胚性幹細胞」は、受精後であるが 妊娠の終了前に形成される組織(胚前組織(例えば、胚盤胞のような)、胚組織、または 妊娠の間の任意の時点(典型的には、必ずしもそうではないが、妊娠の約10~12週前)に取られた胎児組織を含む)由来の幹細胞を指す。最も頻繁には、胚性幹細胞は、初期 胚または胚盤胞に由来する全能性細胞である。胚性幹細胞を、適切な組織(限定するもの ではないが、ヒト組織を含む)から直接、または樹立された胚細胞株から得ることができ る。1つの実施態様において、胚性幹細胞は、Thomson et al.(米国特許第5,843,780号 および同第6,200,806号;Science 282: 1145, 1998Curr. Top. Dev. Biol. 38: 133 ff , 1998Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 92:7844, 1995(これらの全体を参照により本 明細書に組み入れる))によって記載されるように得られる。

 

[0071] As used herein, the term "stem cell" refers to a cell in an undifferentiated or partially differentiated state that has the property of self-renewal and has the developmental potential to naturally differentiate into a more differentiated cell type, without a specific implied meaning regarding developmental potential (i.e., totipotent, pluripotent, multipotent, etc.). By self-renewal is meant that a stem cell is capable of proliferation and giving rise to more such stem cells, while maintaining its developmental potential. Accordingly, the term "stem cell" refers to any subset of cells that have the developmental potential, under particular circumstances, to differentiate to a more specialized or differentiated phenotype, and which retain the capacity, under certain circumstances, to proliferate without substantially differentiating. The term "somatic stem cell" is used herein to refer to any stem cell derived from non-embryonic tissue, including fetal, juvenile, and adult tissue. Natural somatic stem cells have been isolated from a wide variety of adult tissues including blood, bone marrow, brain, olfactory epithelium, skin, pancreas, skeletal muscle, and cardiac muscle. Exemplary naturally occurring somatic stem cells include, but are not limited to, mesenchymal stem cells and hematopoietic stem cells. In some embodiments, the stem or progenitor cells can be embryonic stem cells. As used herein, "embryonic stem cells" refers to stem cells derived from tissue formed after fertilization but before the end of gestation, including pre-embryonic tissue (such as, for example, a blastocyst), embryonic tissue, or fetal tissue taken any time during gestation, typically but not necessarily before approximately 10-12 weeks gestation. Most frequently, embryonic stem cells are totipotent cells derived from the early embryo or blastocyst. Embryonic stem cells can be obtained directly from suitable tissue, including, but not limited to human tissue, or from established embryonic cell lines. In one embodiment, embryonic stem cells are obtained as described by Thomson et al. (U.S. Pat. Nos. 5,843,780 and 6,200,806; Science 282: 1145, 1998; Curr. Top. Dev. Biol. 38: 133 ff, 1998; Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 92:7844, 1995 which are incorporated by reference herein in their entirety).

 

 

5c) 明細書段落【00

 本明細書において使用する「前駆細胞」は、未分化または部分的分化状態にあり、そし て、発生能力に関する特定の暗示される意味(すなわち、全能性、多能性、複能性など) なしに、少なくとも1つのより分化した表現型に分化する発生能力を有し、そして自己再生の性質を有しない細胞を指す。従って、用語「前駆細胞」は、特定の状況下でより専門 化または分化した表現型に分化する発生能力を有する細胞の任意のサブセットを指す。い くつかの実施態様において、幹または前駆細胞は、多能性幹細胞である。いくつかの実施 態様において、幹または前駆細胞は、全能性幹細胞である。

 

[0073] As used herein, "progenitor cells" refers to cells in an undifferentiated or partially differentiated state and that have the developmental potential to differentiate into at least one more differentiated phenotype, without a specific implied meaning regarding developmental potential (i.e., totipotent, pluripotent, multipotent, etc.) and that does not have the property of self-renewal. Accordingly, the term "progenitor cell" refers to any subset of cells that have the developmental potential, under particular circumstances, to differentiate to a more specialized or differentiated phenotype. In some embodiments, the stem or progenitor cells are pluripotent stem cells. In some embodiments, the stem or progenitor cells are totipotent stem cells.

【請求項4】

細胞が組織の部分として存在しない、請求項1~3のいずれか1項記載の方法。

The method of any of claims 1-3, wherein the cell is not present as part of a tissue.

 

>>明細書には具体的な説明箇所がない。

  明細書段落【0056】には、「組織中に存在しない細胞」が記載されているが、「組織の部分」とは何であろうか?