MONOZUKI’s blog

STAP細胞にかかわる特許請求の範囲を読む

【請求項2】

 多能性細胞が外来遺伝子、転写物、タンパク質、核成分もしくは細胞質の導入なしに、 または細胞融合なしに生成される、請求項1記載の方法。

The method according to claim 1, wherein the pluripotent cell is generated without introduction of an exogenous gene, a transcript, a protein, a nuclear component or cytoplasm, or without cell fusion.

 

>>外来遺伝子、転写物、タンパク質、核成分もしくは細胞質の導入、または、細胞融合による、多能性細胞の生成方法は周知技術であり、細胞を敢えてストレスに晒す必要もないので当然に除外される。

 

2a) 明細書段落 【0020】

詳細な説明

 本明細書に記載の技術の局面は、細胞からの多能性細胞の産生または生成に関する。本明細書に記載の技術の局面は、外来遺伝子、転写物、タンパク質、核成分もしくは細胞質を細胞に導入する必要なしに、または細胞融合の必要なしに、ストレスが細胞からの多能 性幹細胞の産生を誘導できるという本発明者らの知見に基づく。いくつかの実施態様にお いて、ストレスは、細胞における細胞質および/またはミトコンドリアの量の低下を誘導 し;脱分化プロセスを惹起し、そして多能性細胞を生じる。いくつかの実施態様において 、ストレスは、例えば、ストレスに曝露された細胞の少なくとも10%において、細胞膜 の破壊を引き起こす。これらの多能性細胞は、3つの胚葉の各々に分化する能力(インビ トロおよび/またはインビボ)、インビボでのテラトーマ様細胞塊の生成、および生存胚 および/またはキメラマウスを生成する能力の1つ以上によって特徴付けられる。

 

 [0044] Aspects of the technology described herein relate to the production or generation of pluripotent cells from cells. The aspects of the technology described herein are based upon the inventors' discovery that stress can induce the production of pluripotent stem cells from cells without the need to introduce an exogenous gene, a transcript, a protein, a nuclear component or cytoplasm to the cell, or without the need of cell fusion. In some embodiments, the stress induces a reduction in the amount of cytoplasm and/or mitochondria in a cell; triggering a dedifferentiation process and resulting in pluripotent cells. In some embodiments, the stress causes a disruption of the cell membrane, e.g. in at least 10% of the cells exposed to the stress. These pluripotent cells are characterized by one or more of, the ability to differentiate into each of the three germ layers (in vitro and/or in vivo), the generation of teratoma-like cell masses in vivo, and the ability to generate viable embryos and/or chimeric mice.

 

>>発明者らの知見が正しいか否かは、「外来遺伝子、転写物、タンパク質、核成分もしくは細胞質を細胞に導入必要なしに、または細胞融合の必要なしに」という前提事項にかかっている。