Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MONOZUKI’s blog

STAP細胞にかかわる特許請求の範囲を読む

【請求項5】

 細胞が体細胞、幹細胞、前駆細胞または胚細胞である、請求項1~4のいずれか1項記 載の方法。

    The method of any of claims 1-4, wherein the cell is a somatic cell, a stem cell, a progenitor cell or an embryonic cell.

 

>>ここで細胞の種類が限定される。

5a) 明細書段落【0045

 

 本明細書において使用する用語「体細胞」は、生殖細胞、着床前胚中に存在するかもし くはそれから得られる細胞、またはそのような細胞のインビトロでの増殖から生じる細胞 以外の任意の細胞を指す。言い換えれば、体細胞は、生殖系列細胞とは異なり、生物の身体を形成する任意の細胞を指す。哺乳動物において、生殖系列細胞(「配偶子」としても 知られる)は、精子および卵子であり、これらは受精の間に融合して、そこから哺乳動物 胚全体が発生する接合子と称する細胞を産生する。哺乳動物体中の全ての他の細胞型(精 子および卵子、それからそれらが作られる細胞(配偶子母細胞)ならびに未分化幹細胞は 別として)は、体細胞である:内臓、皮膚、骨、血液および結合組織は全て体細胞から構 成されている。いくつかの実施態様において、体細胞は「非胚性体細胞」であり、これに よって、胚中に存在しないかまたはそれから得られず、そしてそのような細胞のインビト ロでの増殖から生じない体細胞が意味される。いくつかの実施態様において、体細胞は「 成体体細胞」であり、これによって、胚または胎児以外の生物中に存在するかまたはそれ から得られ、あるいはそのような細胞のインビトロでの増殖から生じる細胞が意味される 。成体および新生児または胚細胞は構造的差異(例えば、メチル化パターンのようなエピジェネティック構成によって区別され得ることに留意される。いくつかの実施態様において、体細胞は哺乳動物体細胞である。いくつかの実施態様において、体細胞はヒト体細胞である。いくつかの実施態様において、体細胞は成体体細胞である。いくつかの実施態様 において、体細胞は新生児体細胞である。

 

[0069] As used herein, the term "somatic cell" refers to any cell other than a germ cell, a cell present in or obtained from a pre-implantation embryo, or a cell resulting from proliferation of such a cell in vitro. Stated another way, a somatic cell refers to any cells forming the body of an organism, as opposed to germline cells. In mammals, germline cells (also known as "gametes") are the spermatozoa and ova which fuse during fertilization to produce a cell called a zygote, from which the entire mammalian embryo develops. Every other cell type in the mammalian body— apart from the sperm and ova, the cells from which they are made (gametocytes) and undifferentiated stem cells— is a somatic cell: internal organs, skin, bones, blood, and connective tissue are all made up of somatic cells. In some embodiments the somatic cell is a "non-embryonic somatic cell," by which is meant a somatic cell that is not present in or obtained from an embryo and does not result from proliferation of such a cell in vitro. In some embodiments the somatic cell is an "adult somatic cell," by which is meant a cell that is present in or obtained from an organism other than an embryo or a fetus or results from proliferation of such a cell in vitro. It is noted that adult and neonatal or embryonic cells can be distinguished by structural differences, e.g. epigenetic organization such as methylation patterns. In some embodiments, the somatic cell is a mammalian somatic cell. In some embodiments, the somatic cell is a human somatic cell. In some embodiments, the somatic cell is an adult somatic cell. In some embodiments, the somatic cell is a neonatal somatic cell.

 

5b) 明細書段落【0047

 本明細書において使用する用語「幹細胞」は、発生能力に関する特定の暗示される意味 (すなわち、全能性、多能性、複能性など)なしに、自己再生の性質を有し、そしてより 分化した細胞型に自然に分化する発生能力を有する、未分化のまたは部分的に分化した状 態にある細胞を指す。自己再生によって、幹細胞が、その発生能力を維持しながら、増殖 しそしてより多くのそのような幹細胞を生じる能力を有することが意味される。従って、 用語「幹細胞」は、特定の状況下で、より専門化したまたは分化した表現型に分化する発 生能力を有し、そして特定の状況下で、実質的に分化することなしに増殖する能力を保持 する、細胞の任意のサブセットを指す。用語「体性幹細胞」は、胎児、幼若および成体組 織を含む、非胚性組織由来の任意の幹細胞を指すために本明細書において使用される。天然の体性幹細胞が、血液、骨髄、脳、嗅上皮、皮膚、膵臓、骨格筋および心筋を含む多種 の成体組織から単離されている。例示的な天然の体性幹細胞は、限定するものではないが 、間葉幹細胞および造血幹細胞を含む。いくつかの実施態様において、幹または前駆細胞 は胚性幹細胞であり得る。本明細書において使用する「胚性幹細胞」は、受精後であるが 妊娠の終了前に形成される組織(胚前組織(例えば、胚盤胞のような)、胚組織、または 妊娠の間の任意の時点(典型的には、必ずしもそうではないが、妊娠の約10~12週前)に取られた胎児組織を含む)由来の幹細胞を指す。最も頻繁には、胚性幹細胞は、初期 胚または胚盤胞に由来する全能性細胞である。胚性幹細胞を、適切な組織(限定するもの ではないが、ヒト組織を含む)から直接、または樹立された胚細胞株から得ることができ る。1つの実施態様において、胚性幹細胞は、Thomson et al.(米国特許第5,843,780号 および同第6,200,806号;Science 282: 1145, 1998Curr. Top. Dev. Biol. 38: 133 ff , 1998Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 92:7844, 1995(これらの全体を参照により本 明細書に組み入れる))によって記載されるように得られる。

 

[0071] As used herein, the term "stem cell" refers to a cell in an undifferentiated or partially differentiated state that has the property of self-renewal and has the developmental potential to naturally differentiate into a more differentiated cell type, without a specific implied meaning regarding developmental potential (i.e., totipotent, pluripotent, multipotent, etc.). By self-renewal is meant that a stem cell is capable of proliferation and giving rise to more such stem cells, while maintaining its developmental potential. Accordingly, the term "stem cell" refers to any subset of cells that have the developmental potential, under particular circumstances, to differentiate to a more specialized or differentiated phenotype, and which retain the capacity, under certain circumstances, to proliferate without substantially differentiating. The term "somatic stem cell" is used herein to refer to any stem cell derived from non-embryonic tissue, including fetal, juvenile, and adult tissue. Natural somatic stem cells have been isolated from a wide variety of adult tissues including blood, bone marrow, brain, olfactory epithelium, skin, pancreas, skeletal muscle, and cardiac muscle. Exemplary naturally occurring somatic stem cells include, but are not limited to, mesenchymal stem cells and hematopoietic stem cells. In some embodiments, the stem or progenitor cells can be embryonic stem cells. As used herein, "embryonic stem cells" refers to stem cells derived from tissue formed after fertilization but before the end of gestation, including pre-embryonic tissue (such as, for example, a blastocyst), embryonic tissue, or fetal tissue taken any time during gestation, typically but not necessarily before approximately 10-12 weeks gestation. Most frequently, embryonic stem cells are totipotent cells derived from the early embryo or blastocyst. Embryonic stem cells can be obtained directly from suitable tissue, including, but not limited to human tissue, or from established embryonic cell lines. In one embodiment, embryonic stem cells are obtained as described by Thomson et al. (U.S. Pat. Nos. 5,843,780 and 6,200,806; Science 282: 1145, 1998; Curr. Top. Dev. Biol. 38: 133 ff, 1998; Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 92:7844, 1995 which are incorporated by reference herein in their entirety).

 

 

5c) 明細書段落【00

 本明細書において使用する「前駆細胞」は、未分化または部分的分化状態にあり、そし て、発生能力に関する特定の暗示される意味(すなわち、全能性、多能性、複能性など) なしに、少なくとも1つのより分化した表現型に分化する発生能力を有し、そして自己再生の性質を有しない細胞を指す。従って、用語「前駆細胞」は、特定の状況下でより専門 化または分化した表現型に分化する発生能力を有する細胞の任意のサブセットを指す。い くつかの実施態様において、幹または前駆細胞は、多能性幹細胞である。いくつかの実施 態様において、幹または前駆細胞は、全能性幹細胞である。

 

[0073] As used herein, "progenitor cells" refers to cells in an undifferentiated or partially differentiated state and that have the developmental potential to differentiate into at least one more differentiated phenotype, without a specific implied meaning regarding developmental potential (i.e., totipotent, pluripotent, multipotent, etc.) and that does not have the property of self-renewal. Accordingly, the term "progenitor cell" refers to any subset of cells that have the developmental potential, under particular circumstances, to differentiate to a more specialized or differentiated phenotype. In some embodiments, the stem or progenitor cells are pluripotent stem cells. In some embodiments, the stem or progenitor cells are totipotent stem cells.