Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MONOZUKI’s blog

STAP細胞にかかわる特許請求の範囲を読む

【請求項9】

多能性を示す細胞を選択する工程が、幹細胞マーカーを発現する細胞を選択することを 含む、請求項1~8のいずれか1項記載の方法。

The method of any of claims 1-8, wherein selecting the cell exhibiting pluripotency comprises selecting a cell expressing a stem cell marker.

>>細胞の選択工程の記載は請求項3にあり、そのひとつが幹細胞マーカーによる方法である。

 

明細書段落【0141】  いくつかの実施態様において、培養工程の後に、細胞は検出可能なそして/または増加 したレベルの幹細胞マーカーを発現し得る。幹細胞マーカーおよびそれを検出する方法は 本明細書において他所に記載されている。いくつかの実施態様において、幹細胞マーカー は、以下からなる群より選択され得る:Oct3/4;Nanog;Rex1;Klf4 ;Sox2;Klf2;Esrr-β;Tbx3;およびKlf5。

[00165] In some embodiments, after the culturing step, the cell can express a detectable and/or increased level of a stem cell marker. Stem cell markers and methods of detecting them are described elsewhere herein. In some embodiments, the stem cell marker can be selected from the group consisting of Oct3/4; Nanog; Rex1; Klf4; Sox2; Klf2; Esrr-beta; Tbx3; and Klf5.