MONOZUKI’s blog

STAP細胞にかかわる特許請求の範囲を読む

【請求項17】~【請求項20】

【請求項17】  細胞が2~3日間曝露される、請求項12~16のいずれか1項記載の方法。

 The method of any of claims 12-16, wherein the cell is exposed for 2-3 days.

【請求項18】  細胞が1日間以下曝露される、請求項12~17のいずれか1項記載の方法。

 The method of any of claims 12-17, wherein the cell is exposed for 1 day or less.

【請求項19】  細胞が1時間以下曝露される、請求項12~18のいずれか1項記載の方法。

 The method of any of claims 12-18, wherein the cell is exposed for 1 hour or less.

【請求項20】  細胞が約30分間曝露される、請求項12~19のいずれか1項記載の方法。

 The method of any of claims 12-19, wherein the cell is exposed for about 30 minutes.

 

>>環境刺激への細胞の曝露は請求項13に記載されており、請求項12ではない。

  曝露時間の限定に関する根拠は不明である。

 

 

>>平成29年9月7日付け手続補正書にて追加された請求項

 

【請求項20】  細胞を、pH5.4~5.8の低pHストレスに供する工程を含む、該細胞においてOct4遺伝子の発現を誘導する方法であって、ここで、pHの調整が、ATPを用いて行われることを特徴とする、方法。

 

【請求項21】  細胞を、pH5.4~5.8の低pHストレスに供する工程を含む、Oct4遺伝子を発現する細胞の製造方法であって、ここで、pHの調整が、ATPを用いて行われることを特徴とする、方法。