MONOZUKI’s blog

STAP細胞にかかわる特許請求の範囲を読む

【請求項32】 ~【請求項34】

【請求項32】  多能性細胞をインビトロで維持する工程をさらに含む、請求項1~31のいずれか1項 記載の方法。

The method of any of claims 1-31, further comprising maintaining the pluripotent cell in vitro.

【請求項33】  細胞のエピジェネティック状態が胚性幹細胞のエピジェネティック状態により近く類似するように変化させられる、請求項1~32のいずれか1項記載の方法。

The method of any of claims 1-32, wherein the epigenetic state of the cell is altered to more closely resemble the epigenetic state of an embryonic stem cell.

【請求項34】  エピジェネティック状態がメチル化パターンを含む、請求項33記載の方法。

The method of claim 33, wherein the epigenetic state comprises methylation patterns.


明細書段落【0012】

 いくつかの実施態様において、細胞は哺乳動物細胞である。いくつかの実施態様におい て、細胞はヒト細胞である。いくつかの実施態様において、細胞は成体細胞または新生児細胞である。いくつかの実施態様において、方法は、多能性細胞をインビトロで維持する 工程をさらに含み得る。いくつかの実施態様において、細胞のエピジェネティック状態は 胚性幹細胞のエピジェネティック状態により近く類似するように変化させられる。いくつ かの実施態様において、エピジェネティック状態はメチル化パターンを含む。

 

[0012] In some embodiments, the cell is a mammalian cell. In some embodiments, the cell is a human cell. In some embodiments, the cell is an adult cell or a neonatal cell. In some embodiments, the method can further comprise maintaining the pluripotent cell in vitro. In some embodiments, the epigenetic state of the cell is altered to more closely resemble the epigenetic state of an embryonic stem cell. In some embodiments, the epigenetic state comprises methylation patterns.