MONOZUKI’s blog

STAP細胞にかかわる特許請求の範囲を読む

ENDING

・STAP(stimulus-triggered acquired pluripotency)は、低pHのような強い外部刺激による体細胞から多能性細胞への運命転換をいい、 得られる細胞をSTAP細胞と呼んでいるので、哺乳類の細胞に限定されない。この点でSTAP細胞の存在に新規性はない。換言すれば、哺乳類のSTAP細胞にのみ新規性がある。

 

特許庁は発明の実体審査において進歩性というファジーな判断ロジックを採用している。

 本件の場合、

(1)生物細胞をストレスに晒すこと

(2)環境刺激への暴露(ストレスの種類)

(3)暴露条件、暴露時間

(4)多能性細胞の選択方法

 などが、当業者のレベルで容易に想到できるかどうかを、審査官が判断することになる。担当審査官は、細胞ストレスに暴露し、生き残った細胞を回収することを含む多能性幹細胞又は多能性画分を生成・単離する方法は公知であるとして、上記(1)の新規性および進歩性を否定するとともに、上記(1)以外の事項について、当業者が適宜設定すべき事項であって、進歩性がないと判断している

 

・起案日平成29年 2月23日付け拒絶理由通知書にて請求項1乃至74に関し、外来遺伝子の導入等なしに細胞を脱分化 させ多能性細胞を生成し得るという発明の技術内容が、発明の詳細な説明において明確かつ十分に記載されていないという、審査官の判断が示されている。 平成29年6月2日と平成29年8月4日に期間延長請求書が提出された。実施可能要件を満たすために、出願人は意見書にて証拠資料を提出可能である。

 

・平成29年9月7日付け手続補正書および意見書が提出され、平成28年4月22日付け手続補正書に記載された特許請求の範囲における請求項(旧請求項)が、下記のように新請求項に補正された。

 -------------------------------------------------------------------------------

   旧請求項         新請求項

--------------------------------------------------------------------------------

   1-2          1-2

   3(削除)

   4-8          3-7

   9-16(削除)

   17-20        8-11

   21-28(削除)

   29-34        12-17

   35-45(削除)    

   46           18

   47-50(削除)

   51           19

   52-74(削除)    

   -            20、21(追加)