Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

MONOZUKI’s blog

STAP細胞にかかわる特許請求の範囲を読む

【請求項46】 および【請求項47】(カテゴリ:アッセイ)

【請求項46】  請求項1~45のいずれか1項記載の方法によって産生される多能性細胞を候補薬剤と接触させることを含む、アッセイ。

An assay comprising;

contacting a pluripotent cell produced by the method according to any of claims 1 to 45 with a candidate agent.

【請求項47】  多能性細胞の生存能、分化、増殖の1つ以上に影響を及ぼす薬剤を同定するための使用のための、請求項46記載のアッセイ。

The assay of claim 46, for use to identify agents which affect one or more of the

viability, differentiation, proliferation of the pluripotent cell.

>> 候補薬剤は以下のとおり。


明細書段落【0091】

本明細書において使用する「候補薬剤」は、細胞、組織または対象に通常は存在しないかまたは投与されるレベルで存在しない任意の物体を指す。候補薬剤を、以下を含む群から選択することができる:化学物質;小有機または無機分子;核酸配列;核酸アナログ;タンパク質;ペプチド;アプタマー;ペプチド模倣物、ペプチド誘導体、ペプチドアナログ、抗体;細胞内抗体;生体高分子、生物材料(例えば、細菌、植物、真菌、または動物細胞もしくは組織)から作製される抽出物;天然のまたは合成の組成物またはその機能的フラグメント。いくつかの実施態様において、候補薬剤は、限定するものではないが、合成のおよび天然の非タンパク質性物体を含む任意の化学的物体または部分である。特定の実施態様において、候補薬剤は化学的部分を有する小分子である。例えば、化学的部分は、非置換または置換のアルキル、芳香族、または複素環部分(マクロライド、レプトマイシンおよび関連天然産物もしくはそのアナログを含む)を含む。候補薬剤は、所望の活性および/または性質を有することが知られ得るか、あるいは多様な化合物のライブラリーから選択され得る。

[00115] As used herein, a "candidate agent" refers to any entity which is normally not present or not present at the levels being administered to a cell, tissue or subject. A candidate agent can be selected from a group comprising: chemicals; small organic or inorganic molecules; nucleic acid sequences; nucleic acid analogues; proteins; peptides; aptamers; peptidomimetic, peptide derivative, peptide analogs, antibodies; intrabodies; biological macromolecules, extracts made from biological materials such as bacteria, plants, fungi, or animal cells or tissues; naturally occurring or synthetic compositions or functional fragments thereof. In some embodiments, the candidate agent is any chemical entity or moiety, including without limitation synthetic and naturally-occurring non-proteinaceous entities. In certain embodiments the candidate agent is a small molecule having a chemical moiety. For example, chemical moieties include unsubstituted or substituted alkyl, aromatic, or heterocyclyl moieties including macrolides, leptomycins and related natural products or analogues thereof.

Candidate agents can be known to have a desired activity and/or property, or can be selected from a library of diverse compounds.

 

>>起案日平成29年 2月23日付け拒絶理由通知書で担当審査官は、

 請求項46には「アッセイ」とあり、一般にアッセイとは分析・評価方法を意味するところ、細胞と候補薬剤とを接触させることによって、具体的に何を分析・評価しようとする方法を指すものであるのか、発明の範囲が明確に把握できない。

 と指摘している。